2015 第3回京都大学 学際研究着想コンテストで”からだの学校”プロジェクトを運営する福間特任准教授(福島医大・京都大学)らが総長賞を獲得しました。

本コンテストは、京都大学学際融合教育推進センターによって運営され、今回で第3回目を迎えます(コンテストの詳細はhttp://www.cpier.kyoto-u.ac.jp/contest/outline/)。京都大学の研究者を代表とする「学際融合チーム」が、学術分野間の壁を越えて、研究構想をA3一枚の概念図のみを用いてプレゼンします。書面での一次審査に合格した12チーム(2015年応募総数30チーム)が、二次審査に進みました。二次審査では、京都大学山極総長をはじめとした学内審査委員に加えて、京都大学鼎会を中心とした学外特別有識者、さらにコンテスト出場者による投票で審査が行われました。
福間特任准教授らは、”幸福な「不健康」 不幸な「健康」 「健康」概念の再定義からはじまる超高齢社会の「幸せな老い方」の探求”というタイトルでプレゼンを行いました。幸福学、デザイン学、行動経済学、情報システム学、臨床疫学を融合させ、「幸せな老い方」を探求する「からだの学校」という地域別アプローチの実践を行っています。

 

hyosyojo