今年度は、カリフォルニア大学 医学部 総合内科学 教授/Journal of General Internal Medicine 前編集長のRichard Kravitz 教授を特別ゲストにお迎えし、「臨床と研究:どうやったら二刀流になれるか?」についてご講演いただきました。

 

その他、当アカデミーの先生方によるパネルディスカッションや、京都大学 教授/福島県立医科大学 副学長の福原 俊一教授にもご講演いただき、これからのキャリア形成について考える貴重な機会となりました。

 

またセミナー終了後には、希望者のみではございますが、情報交換のための簡単な懇親会を行い親交を深めていただきました。

 

各先生方、本当にありがとうございました!